Kindle(キンドル)で読みたい!おすすめお酒・ワイン本5選

最近は電子ブック「Kindle(キンドル)」で本を読む方も多くなってきましたね。紙の本も勿論よいですがお酒の辞典などは結構重たいので、ちょっと調べたいというときは電子ブックでもっているととっても便利です。そこでキンドルで読めるおすすめのワイン・お酒の本を5つご紹介します。

【東京】 ゆとりを愉しむ至福のBAR [Kindle版]

定番のスタンダードバーから、ホテルのバー、眺めの良いバー、ウイスキーバー、いい女が集うバー、デートに最適なバー、下町、郊外など、東京でゆとりを愉しむための至福のバー/カクテルラウンジを紹介したガイド、決定版。全120店掲載。

都内でバーを探したかったらこの本がおすすめです。はじめてのお店だと何を頼めばいいか迷ってしまうことがありますがこの本には、そのお店で「飲むべき一杯」が紹介されているのでとっても便利です。

世界の名酒事典2015年版 ウイスキー&ブランデー編 [Kindle版]

創刊から36年、世界の酒の最新情報を伝え続けてきた『世界の名酒事典』。数多く寄せられる「ジャンル別の分冊を」の声に応えて「分冊電子版」の登場です。本書はその「ウイスキー&ブランデー編」。厳選したウイスキー180本、ブランデー140本を収録しました。「ウイスキー用語集」付き!

ウイスキーや用語をさっと調べたくなったときにあると便利です。他にもスピリッツやワイン編もあるのでお酒関係の方は揃えておくとよいかもしれませんね。

カクテル手帳 [Kindle版]

世界的バーテンダーが監修した、バーのオーダーで絶対困らないカクテルの図鑑型手帳。コンパクトなサイズにプロのレシピマニュアルとしても使える情報も満載。

銀座 TENDERの上田和男氏監修のカクテル手帳です。綺麗なカクテルは見ているだけでも楽しいですね。

読めば身につく! これが最後のワイン入門 [Kindle版]

テーマごとのぶつ切り! できの悪い教科書! 何度読んでも頭に入らない! 巷に満ちる「ワイン入門書」への怨嗟の声を、きれいさっぱり一掃! 超初心者から「再入門」の中級者まで、この1冊でワインが本当にわかります。

ワイン用語など調べたくなったときにわかりやすく書かれているのでとても便利です。

芸能界のアテンド王が教える 最強の店77軒 (文春e-book) [Kindle版]

年間500軒のレストランを食べ歩くという芸能界でも屈指のグルメ、渡部建。TV番組のアンケートで「美味しい店を知っている芸能人」の1位に選ばれた彼が、デート、合コン、深夜飯、一人ご飯など目的別に自信を持ってすすめる77軒をセレクト。お店との付き合い方や食べても太らない方法といったコラムも収録した、著者初のグルメガイド!

飲むだけでなく美味しい食事を話題のお店でしたいときに。

みなさまが素敵な本と出会って美味しいお酒やお店を楽しめることのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク